ダンジョン飯 5巻

最高!最高です!

緊張と緩和、ギャグ、別視点からお話、それぞれの心情。
どれもバランス良く調和していて凄い。
ここまで完成度が高いと「飯」の部分が手抜きに見えてしまう。

オーク妹の頭の良さ、話の引き出し方を見ているとだんだん可愛く見えてくる不思議。

ライオスは魔法を覚えるなどの成長があっていいね。
この魔法を覚えた事はいずれ役立って欲しい。

ファリンはダンジョンの一部になったって認識です。
ダンジョンから地上に抜けるには、地上の何かに意思を移す必要がありそう。

あっさり地上に帰れると思ったら難しいみたいですね。
色んなパーティーも混ざってきて良い意味でグチャグチャになりそうです。

kameyatakefumi.hatenablog.com

広告を非表示にする

英語は3語で伝わります

会話もメールも 英語は3語で伝わります

会話もメールも 英語は3語で伝わります

  • SVO で組み立てる
  • SVO で組み立てて詳しくは M を付与して説明する
  • 受動態ではなく能動態を使う
    • 能動態とは動作主が主語のものをいう
  • 「否定」を使いたくない3つの理由
    • 単語数が多くなるので減らしたい
    • ネガティブな印象を避けたい
    • 英語は、否定の内容を肯定する方法が豊かである
  • 具体的なテクニック
    • 「肯定形 + no + 名詞」で表す
    • 反対語を使う
    • 動作部分の発想を変えて表す
  • なぜ日本人は when や if をよく使うのか?
    • 日本語では「条件」を表す部分を必ず前において表現する
    • 条件節を必ず使う
  • 冠詞 the は「すぐそこにあるもの」「双方の認識があるもの」を指す。
  • 冠詞 the がないと「そこにないもの」「もしあったとしたら」というような if のニュアンスが出てくる
  • 動作を主語にする
  • 動詞に ing をつけて動名詞にする
  • 主語の選択は4つから
    • モノ
    • 動作
    • This:直前に伝えた「このこと」
  • 基礎編
    • 人にもモノにも使える万能動詞 have, use, include
    • 主語が人の便利動詞 find
    • ポジティブな感情を明快に伝える like, enjoy
    • (人などを)~させる surprise, interest
    • 反対語動詞 dislike, disable, unveil, unlock, uncover
    • SVOを作る明快動詞 benefit, replace, relocate
    • 1語が生きる「特徴」「強調」を表す feature, highlight
  • 応用編
    • 強く必要を表す need, require
    • 最大・最小にする maximize, minimize
    • 実現・達成する achieve
    • 主語と目的語を選ばない便利動詞 allow, permit, enable, cause
    • 上げると下げる increase, decrease, raise, lower
    • 「説明する」「要約する」 explain, describe, discuss, summarize, outline
    • 短く伝える動詞 outnumber, outweigh, outperform, double, triple
  • 伝えることを整理する
  • 主語を選ぶ
  • 動詞を選び、文を組み立てる
  • 主語は「人」
    • 「好き」「嫌い」「楽しむ」
      • like, dislike, enjoy
    • 人が行う具体的な動作・行為
      • email, visit, meet, marry, buy, sell, plan, forget, teach, study, attend, access, read, misread, leave, refuse, find, approve, disapprove, understand, misunderstand
  • 主語は「人」か「モノ」、目的語が「人」
    • 「人を驚かせる」「人に興味を持たせる」
      • surprise, interest, attract, move, irritate, disturb, interrupt, annoy, trouble, scare
  • 主語は「人」か「モノ」
    • 簡単で万能な動詞
      • use, have, include, show, provide
    • 平易で用途が広い動詞
      • contain, involve
    • 「引き起こす」「許容する」「可能にする」
      • cause, allow, permit, enable, disable
    • 「必要とする」「達成する」
      • require, need, achieve
    • 「概要を述べる」「要点をまとめる」「説明する」
      • outline, summarize, explain, describe, discuss
    • 「上げる」と「下げる」
      • cut, reduce, raise, lower, increase, decrease
    • きっぱり意味を伝える明快動詞
      • outnumber, outweigh, outperform, double, triple, feature, highlight, benefit, replace, relocate, approach, maximize, minimize, identify, clarify, determine
    • 人やモノが行う具体的な動作
      • start, open, save, skip, send, lose, bring, help, hit, treat, touch, guide, pass, fail, face, shift, enter, reach, lead, mislead, reject, accept, answer, join, revise, move, change, delete, develop, explore, interpret, improve, place, assemble, veil, unveil, lock, unlock, cover, uncover, connect, disconnect, surround, complete
  • 現在完了形の動詞の動作は完了していない。むしろ、その動詞が表す動作が「今につながっている」「今も効果を生み続けている」ことを表します。
  • 現在完了形は「have + 動詞の過去分詞形」で表す
  • 自制は3つでOK
    • 現在形、現在完了形、過去形
  • 助動詞は話しての「考え」を伝えるのが役割
  • can 可能 → 能力・可能性・許可
  • may 許容 → 許可・可能性
  • will 意志 → 意志未来・推定・習性
  • must 必然 → 義務・確信のある推定
  • should 推奨 → 必然に基づく推量・推奨
  • 確信の度合い
    • must → will → should → can → may
  • 課す義務
    • must → should
  • have to 状況がそうさせる(意志は薄い)
  • had better 他の選択肢よりこちらを選択するべき
  • 助動詞の過去形
    • will → would
    • can → could
    • may → might
  • 助動詞の過去形は助動詞よりも低い可能性や、異なる場合の仮定の話を伝える
  • 形容詞は名詞を修飾し、副詞は名詞以外を修飾する
  • 副詞は文全体を修飾することもできる
  • 前置詞は「関係」を表す
    • at, during(期間中ずっと、または一部), in, for, of, on
    • across(端から端まで), through(通っていく)
    • until(~まで(ずっと)), by(~まで(期間))
    • in front of, behind(~の後ろに)
  • 名詞に情報を加えるもの
    • 分詞(加える情報が少ない)
      • 現在分詞 ...ing 能動的
      • 過去分詞 ...ed 受動的
    • 関係代名詞(加える情報が多い)
      • 2文をつないだもの → which または that に置き換える
      • 文中に何も足さない、何も引かない
      • 限定、非限定
        • 限定にはthat、非限定にはwhich(ちなみに)として使い分ける
  • There is/are 構文を捨てる
  • 仮主語と仮目的語のitを捨てる
  • SVOO/SVOC構文を捨てる
  • 受身形を捨てる
  • イディオムを捨てる
  • not文を捨てる
  • 難解な英単語を捨てる
  • 難しい時制を捨てる
  • SV, SVC, SVO で表すことができる

ニンジャスレイヤー(12) ~ストレンジャー・ストレンジャー・ザン・フィクション~

ニンジャスレイヤー(12) ~ストレンジャー・ストレンジャー・ザン・フィクション~ (角川コミックス・エース)

ニンジャスレイヤー(12) ~ストレンジャー・ストレンジャー・ザン・フィクション~ (角川コミックス・エース)

面白い。
絵もノリノリでワザマエ!の一言に尽きる。

ナラクとフジキドのやり取りは、ちょっと笑ってしまった。
主人公がルール違反してくるとか思ってもいなかっただろうな。
結果的にフジキドが勝ったのか?

ラオモト・カンに対して挨拶するシーンはカッコよすぎる。
今までを思い返すページが差し込まれているのが凄くいいね。

ラオモト・カンはとことんビジネスマンですね。
相対す前にバジリスクと戦っており、こっちは戦闘狂との闘いだっただけに落差がありますね。

ラオモト・カンは選挙に出るのはいいが労働基準法廃止とかヤバい事を言っている。
自身のビジネスのために政治の領域に手を出すあたり突き抜けているなぁ。

最後はダークニンジャと再戦という所で終わっていて続きが気になります。

kameyatakefumi.hatenablog.com

白竜HADOU 3

白竜、神視点すぎる。

今までは勘が良すぎるとかありましたけど、マスコミが集めた白竜に対して不利な証拠を握りつぶす話は、いくらなんでも出来すぎている。
どう上手く料理するのか期待してただけに、ちょっと残念。

暴力をチラつかせて証拠隠滅よりは、マスコミにもコネクションを持っていましたって方がよかったかな。

今回、特に面白いのはVHSを使っているあたりかな。
VHSって未だに現役なのかな?
デジタル放送になってからはVHSは使われていなさそうだけど。

著者の年代が出てて良い。

kameyatakefumi.hatenablog.com

広告を非表示にする

七つの大罪(27)

七つの大罪(27) (講談社コミックス)

七つの大罪(27) (講談社コミックス)

恋愛漫画だわ。

謎を出して明かして、謎を出して明かしての展開にうんざりしたので、もう読まないかな。
終わりが見えなさすぎる。

kameyatakefumi.hatenablog.com

広告を非表示にする