僕のヒーローアカデミア 15

渡すんかーい。

デクなら「やぶへび」上等で事態をややこしくすると思ったけどね。
妙に聞き分けがいい。

大人になったのかなっと思ったらオールマイトに感情的になっており、言っている事とかが凄く子どもっぽい。

デクの判断は、わからなくもないけど、なんか魅力がかなり減ってしまったなぁ。

ミリオの事とか無視して自分の直感で動いて欲しかった。
そっちのほうが信念があるというか狂気というか魅力が増すと思うんだけどね。

その方が少年漫画の主人公っぽい。
ルールじゃなくて感情だよ。

オールマイトに突っかかった件がなければデクの成長になりそう件ですけどね。
どうなるんでしょ。

少女に関しては洗脳率が低いですね。
本当に自分の娘なんですかね?
本当に自身の娘なら 藤子・F・不二雄ミノタウロスの皿 みたく、自身を捧げる事 = 幸せ みたいな教育をしそうですけどね。
なんか誘拐してきた子への対応って感じがするな。

切島みたいな熱血な話がもっと欲しい。
ストーリーにも絡んでいて少年漫画っぽい展開。
相手もチンピラで「あーこれ絶対勝つなぁ」って読んでいて安心感があるやつ。

kameyatakefumi.hatenablog.com

「バカダークファンタジー」としての聖書入門

「バカダークファンタジー」としての聖書入門

「バカダークファンタジー」としての聖書入門

聖書と言っても具体的にどういうものなのかわからなかったので読んでみました。
著者である 架神恭介 の本は結構買って読んでいるため読みやすいだろうなっと思ってチョイスしました。
入門書として概要をまとめてくれているもの良いですね。
欲しかった本です。

本の構成が以下のようになっています。
これらのものを「まとめたもの」を旧約・新約と言っているようです。

この本を読む前までは、分厚い1冊の本があるイメージでしたが違うようですね。

旧約に関しては当時の「法」としての機能が強いなぁと思いました。
現代と違い 国、法、人権 などが曖昧な時代だったと思われます。
混沌にあって共同体を維持するためにはルールが必要で、それが神との契約という形で成されていたと思いました。

新約は色々とゴチャゴチャしすぎですね。
一言ではとても表せない。
旧約の時代よりも秩序が安定してきたのか「権力掌握」の道具として使っている感じがします。

個人的にエホバの証人についての注釈が凄い面白かった。
聖書のこの部分をこう解釈してこう行動していますっていうのが理解できたのはよかった。

ちょっと余談なんですが、
福音書について「なぜ4つなのか」で検索してみたらQAがあって見てみるとアンサーが、神がいる前提で人に与えられたものと記載があってビックリしました。
読んでみましたが、日本語なんだけど全然理解できませんでした。
宗教は「ある前提」の上に成り立っているのを強く感じました。

ペトロってイエスの弟子がいるんですが、調べてみたら「天の国の鍵」を授かったとかあって設定を増しすぎでは?と感じました。
知識がないと「あぁそうなん」で終わりなんですが、ある程度の知識があれば疑問に感じたり、つっこんだりと認識の幅が広がっていいですね。

次はイスラム教あたりの本を読みたいなぁ。
三大宗教のうち日本人からは一番遠い位置にあるように感じる。

Mac mini で HDMI切替器 を使用したディスプレイ出力が行えない問題に対応

現象が起きて調べてみると同様の報告が結構な数ありますね。

報告内容の構成や製品名が具体的ではないので「これでいけるのかなぁ」と思いつつポチってみて試したところ、OKだったので記載します。

  • Mac mini (Late 2014) を使用しています。
  • Mini DisplayPort - HDMI 変換ケーブル を使用して対応しました。
  • Mini DisplayPort - HDMI 変換ケーブル の Mini DisplayPort は Mac mini の Thunderboltポート を使用しています。
NGパターン
Mac mini → HDMIケーブル → HDMI切替器 → HDMIケーブル → ディスプレイ
OKパターン
Mac mini → Mini DisplayPort - HDMI 変換ケーブル → HDMI切替器 → HDMIケーブル → ディスプレイ

HDMI切替器 は以下を使用しています。

サンワサプライ HDMI切替器2入力:1出力 SW-HD21

サンワサプライ HDMI切替器2入力:1出力 SW-HD21

Mini DisplayPort - HDMI 変換ケーブル は以下を使用しています。

HDMIケーブル は以下を使用しています。

対応までの流れ

Mac mini と WindowsPC の2台構成になったのでHDMI切替器を導入しました。
現象が起きたときHDMI切替器のLEDランプは光っているんですがディスプレイに出力はありませんでした。
WindowsPC の電源を入れたところディスプレイ出力が行われ、切替をしたところ Mac mini もディスプレイ出力ができていました。
HDMI切替器 に接続しているポートをそれぞれ逆にしても WindowsPC の電源が入っている時はディスプレイ出力ができていました。
Mac mini 単体だと、どのポートでもディスプレイ出力はできませんでした。
この事から Mac mini に原因があると思い調べた結果、HDMIでは出力不足のようなので Mini DisplayPort - HDMI 変換ケーブル を使用して対応しました。

機動戦士ガンダム サンダーボルト 10

充電の巻ですね。

前の出来事の棚卸しをしています。
イオ、ダリル、双方の心理描写が丁寧に書かれているので良いですね。

イオのクローディアに幸せになって欲しいって思いは、かなり自分中心です。
イオの「幸せ」というイメージは、戦争がなかった上での幸せって感じでした。

ただ現実に戦争は起こっている。
クローディアは、それを受け入れた上で行動してて、イオが思うよりずっと強くなって先に行っている気がします。
クローディアは洗脳されているのか自分の意思なのか判断が微妙ですが。

イオとクローディアの溝はどんどん広がっていくので、最終的にイオは裏切られたと感じるんだろうか。
そうなったらビアンカがいて支えて欲しいなぁ。

ダリルの判断はビックリしましたが、丁寧な描写があったので納得せざる得ない。
ここの書き方はすごくうまい。
どこまでいっても人間は感情の生き物なんだよなぁ。

あと、モニカ参謀に関しては、何を考えているのか、わからない。
本来であれば心の声みたいな描写があるんだけど、あえて書かれていない。
思わぬ形で実がなったので、根こそぎ回収したいんだろうか。

コーネリアスの描写はミスリードであって欲しい。
あって欲しいがぐぬぬ

kameyatakefumi.hatenablog.com

トリコ 43

トリコ 43 (ジャンプコミックス)

トリコ 43 (ジャンプコミックス)

一気読みしました。
終盤は説明が多すぎて、読まずに飛ばしてました。
凄い勢いでまとめてハッピーエンドですね。
少年漫画としては、これでいいかもしれません。

ネオすら許されているのは凄いですね。
コンセプトに 美味しいものはみんなで分け合う みたいなものがあるので、それなのかな。

絶望を与えられて食われたヤツらは納得いかないから結婚式に出てこないのはしょうがないかな。
それかエネルギーとして宇宙に放出されたのかな。

主要キャラで一番好きなのは 三虎 です。
三虎関係の話しはどれも面白い。
一番ブレない筋の通ったキャラに感じました。
アカシアの捕獲レベルを聞いて、ゲームか?みたいな反応してるのが好き。

美食屋四天王だと ゼブラ が一番好きかな。
豪快さと繊細さがあっていい。
ビービーダンゴムシの話が一番好きかな。
一人だけ練習しないで自分の考えて動いているのは本当にキャラが動いている感があってよかった。

八王だと バンビーナ ですね。
猿なので人間に近い思考してて共感しやすいですね。
四天王とダンスしたり、恋人への思い、ゾンゲを恋人と勘違いするなど、しまぶーにしか書けない話に思える。

物語の背景、終わり方がちゃんと考えられていたので、うまく収められているなぁと感じる。
色々と納得のいかない事とかあるんですが、まぁいいんじゃないでしょうか。
漫画はエンターテイメント。

広告を非表示にする