ベルセルク 39

嬉しい。
よかったもあるけど嬉しい。

ちゃんとコミックが出る事と物語が進んでて内容もいい。

期間が経つと前の話なんだっけ?となるんですが、今回は、そーいえば妨害を受けていたなっとすぐに思い出せました。

前半はギャグ調なんですが、後半は昔を振り返る感じで、あの頃のベルセルクが戻ってきた感じが懐かしくてよかったです。

いやぁガッツに感情移入してしまう。

キャスカの「あいたいひと」って誰なんだろう。
認識できているかわからないけど、ガッツは横にいるので物語的に考えてもグリフィスかな。

シールケ、ファルネーゼは疑似的に蝕を体験する事になるんだろうけど、それでもガッツの味方でいて欲しいなぁ。

続きが気になる。