ダンジョン飯 6巻

ダンジョン飯 6巻 (ハルタコミックス)

ダンジョン飯 6巻 (ハルタコミックス)

いいよーいいよー。
これまたバランスの良い巻ですね。
素晴らしい。

ファリンは、レッドドラゴンと魂が混ざり合ってしまい、狂乱の魔術士の命令を優先する状態って感じかな。
後々の話しで魂の事にも触れられており、魂の分離が重要で、その鍵は 狂乱の魔術士 って事で、どんどん潜っていく感じですね。
話の流れもわかりやすい。

シェイプシフターの話もよかった。
ちょいブスなマルシルが面白すぎる。
ここでもライオスの知恵と行動が炸裂しており凄い。
戦士ってより魔物研究家の領域だぞ。

新メンバーもいいですねぇ。
あぁ早くデレて欲しいなぁー。

マルシルの夢の話しも良いですね。
エルフゆえの寿命の長さ、それによる親しい人との別れが書かれており素晴らしい。
仏教でいうところの 愛別離苦(あいべつりく)への不安 ですね。
エルフは寿命が長いので、その分、苦も長いんでしょうか。
この手の話しは扱いが難しいですが、いい感じに書いてますね。
凄いです。

次も楽しみ!

kameyatakefumi.hatenablog.com

広告を非表示にする