ニンジャスレイヤー(12) ~ストレンジャー・ストレンジャー・ザン・フィクション~

ニンジャスレイヤー(12) ~ストレンジャー・ストレンジャー・ザン・フィクション~ (角川コミックス・エース)

ニンジャスレイヤー(12) ~ストレンジャー・ストレンジャー・ザン・フィクション~ (角川コミックス・エース)

面白い。
絵もノリノリでワザマエ!の一言に尽きる。

ナラクとフジキドのやり取りは、ちょっと笑ってしまった。
主人公がルール違反してくるとか思ってもいなかっただろうな。
結果的にフジキドが勝ったのか?

ラオモト・カンに対して挨拶するシーンはカッコよすぎる。
今までを思い返すページが差し込まれているのが凄くいいね。

ラオモト・カンはとことんビジネスマンですね。
相対す前にバジリスクと戦っており、こっちは戦闘狂との闘いだっただけに落差がありますね。

ラオモト・カンは選挙に出るのはいいが労働基準法廃止とかヤバい事を言っている。
自身のビジネスのために政治の領域に手を出すあたり突き抜けているなぁ。

最後はダークニンジャと再戦という所で終わっていて続きが気になります。

kameyatakefumi.hatenablog.com