読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GlassFish JDBC Connection Pool の作成、接続確認、JDBC Resources に設定

GlassFish 4.1.1 ではブラウザ上から JDBC Connection Pool の作成を行おうとするとエラーが発生する。
なのでコマンドから作成、接続確認を行い、JDBC Resources に設定する。

前提条件

  • Windows Server 2012 R1
  • GlassFish Server Open Source Edition 4.1.1 (build 1)
  • GlassFishのインストール先は C:\Program Files 直下
  • adminのパスワードを記載したファイル passwords.txt は C:\Program Files\glassfish4\bin に配置
  • Oracle Database が対象

手順

Set-Location "C:\Program Files\glassfish4\bin"

# 作成
.\asadmin --user admin --passwordfile .\passwords.txt create-jdbc-connection-pool --datasourceclassname oracle.jdbc.pool.OracleDataSource --restype javax.sql.DataSource --property user={ユーザ名}:password={パスワード}:url="jdbc\:oracle\:thin\:@{マシン名}\:1521\:{サービス名}" {コネクションプール名}

# 接続確認
.\asadmin --user admin --passwordfile .\passwords.txt ping-connection-pool {コネクションプール名}

# JDBC Resources に設定
.\asadmin --user admin --passwordfile .\passwords.txt set "domain.resources.jdbc-resource.{JDBC Resources JNDI名}.pool-name={コネクションプール名}"