読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニンジャスレイヤー (9) (10) ~ゲイシャ・カラテ・シンカンセン・アンド・ヘル

ラオモト・カンやられてるのか。
ショック。
時系列バラバラなの、やっぱり困るな。

マルノウチ・スゴイタカイビルはニンジャ抗争だったのね。

ザイバツから仕掛けたっぽいから ラオモト・カン が先にやられるのは、ちょっと残念というかなんというか。
まぁ、最終的に全員殺せばよいので順番とかどうでもいいか。

この巻はジェノサイドが掘り下げられてて良かった。

漫画を順番で読んでいくと、いきなり現れた敵でも味方でもない謎の強キャラって感じでよくわかんない立ち位置だった。

ジェノサイドは魅力的ですね。
私としてはゾンビだけど容姿を気にしてて女性相手だと紳士的なのが良い。

話としてはキャラがかなり多めなので、読んでいて疲れる。
ただうまくまとめているってのを凄く感じる。

元々、人の命が軽い作品だけど列車のマケグミ・クラスとかの設定は好きじゃないな。
公共インフラ的なのは安心して使えて欲しいっていう願望が、そう感じさせているのかな。

悪い意味で資本主義で手段選ばずに競合の足を引っ張ってて、それで乗客が死ぬとかないわ。

kameyatakefumi.hatenablog.com