読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JAX-WS Maven Plugin の選択について

WSDL から Javaソースコード を生成するために wsimport を使用している。
使用しているライブラリのバージョンを上げるために調べていたら2つの groupId のもと開発が行われており混乱したので記載する。

groupId は以下の2つがある。

2017年1月10日時点では以下を使用するのが正解。

経緯は JAX-WS Maven Plugin に記載があった。

The original code was developed in the Codehaus Mojo project, then as of March 2007, the project moved to jax-ws-commons with version 1.x in org.codehaus.mojo groupId and version 2.x in org.jvnet.jax-ws-commons groupId.

In September 2015, for version 2.4, it went back to MojoHaus (the new home of Codehaus Mojo) in org.codehaus.mojo groupId.

2015年9月 version 2.4 からは org.codehaus.mojo に戻ってきたとなっている。

GlassFish のサイトにあるサンプルコードは version 2.3 で org.jvnet.jax-ws-commons で記載されている。
ややこしいね。